水虫を家族にうつさないためには

水虫はなかなか治らないというイメージがありますが、根気よく、また、正しい治療を行うと必ず改善されます。がんばって水虫の治療を行いましょう!

水虫を患っている方が家族にいると、患っている方も家族の方も水虫が感染してしまわないか、とても気になると思います。

家の中は素足で歩くことが多く、一番水虫が感染しやすい場所であるということがいえると思いますし、親子であれば体質も似ているという理由から水虫はうつりやすいといわれています。

ilm17_ac02034-s.gif

水虫を100%うつらないようにするということは不可能でしょう。でも、なるべく水虫を家族へうつさないようにするためには、どうしたらよいのでしょうか?

過剰にやりすぎる必要はないと思いますが、こまめに家中を掃除すること。外出時に使用する靴は当然として、スリッパなどはなるべく共用しないこと。湿りやすく水虫菌が繁殖しやすいバスマットなどはマメに掃除して乾燥を行うことなどがあります。ちなみに乾燥は、日光に当てるだけで充分です。

要するに足が接触する場所は清潔に、さらに乾燥させた状態を保つことで水虫菌の繁殖をある程度おさえることができるようになります。

もうひとつ、水虫になってしまったら速やかに治療を開始することです。水虫の治療薬を使用することによって、水虫の患部から家の中に水虫菌をばらまいてしまう可能性が低くなります。

つまり、水虫の治療は、もちろん本人のために行うものですが、本人以外の家族の水虫予防のためにも有効なことなのです。

それから、自分が水虫になってしまったのが家族で一番最初だと思っていても、実は家族が先に水虫を持っていたということも考えられますので、家族に水虫の症状がでていないか確認しておくべきです。

水虫は症状が治まったとしても、そのあと薬を一ヶ月ほど続けないと完治しないケースが多くあります。水虫に打ち勝つためには、⇒⇒なるべく多めに薬を用意しましょう!


edit