足の指の間にできる水虫・趾間びらん型足白癬

水虫はなかなか治らないというイメージがありますが、根気よく、また、正しい治療を行うと必ず改善されます。がんばって水虫の治療を行いましょう!

趾間びらん型足白癬とは、足の指と指の間にできる水虫の種類です。指と指の間のなかでも水虫ができやすいのは、薬指と小指の間です。指の間の皮膚が白くふやけてしまって皮膚がむけてしまうと、皮膚が「じくじく」するようになります。

cgsp072-s.jpg

このタイプの水虫は、最初に足の裏側の方に感染しているのですが、やがて指の方に移動して水虫の症状を起こします。

趾間びらん型の水虫は、じくじくとしたタイプになってしまう場合と、斑点状に赤くぶつぶつとしたタイプになる場合があります。

他の水虫と同様、気温が下がっている時期は症状が治まりますが、夏になると再び水虫の症状がでるということを繰り返しながら慢性化してしまいます。

趾間びらん型足白癬は、指の間にできてしまう水虫ですので、指がもともと太めの人や靴の影響により指の間のすき間がせばまっている人は羅患しやすいので、特に注意が必要があります。

ただでさえ指の間がせまいと通気が悪くなり、蒸れやすくなるのですが、ゴルフシューズなどのスポーツシューズを長時間履いていたり、スポーツシューズでなくとも通気の悪い靴を長時間履いていると、さらに水虫にとって都合がよい場所になってしまいます。

現在、靴は安全面や衛生の面でも必要不可欠なものになっています。しかし、高温多湿の環境を好む水虫にとって、これ以上ないというほどの環境を提供してしまっていることになります。

水虫を防止する、あるいは悪化させないためにも、できる限り足に負担をかけない靴、また、通気性のよい靴を選ぶようにしましょう。

水虫は症状が治まったとしても、そのあと薬を一ヶ月ほど続けないと完治しないケースが多くあります。水虫に打ち勝つためには、⇒⇒なるべく多めに薬を用意しましょう!


edit