かゆくない水虫?

水虫はなかなか治らないというイメージがありますが、根気よく、また、正しい治療を行うと必ず改善されます。がんばって水虫の治療を行いましょう!

水虫=かゆい病気(皮膚病)というイメージがあると思いますが、実はあまりかゆみが伴わない水虫もあります。

cdin009-s.gif

水虫になってしまってかゆみが生じるのは、人間の免疫機能によるものです。人間は体内にウイルスや菌などの異物が進入すると、体から排除しようと努力します。

水虫菌も人間の体から見れば異物なのですから、追い出してしまおうと免疫機能が働きます。その結果として、かゆみや水疱ができるわけです。

例えば水虫の患部に水疱ができてしまうと、水虫が作ってしまったものと思いがちですが、免疫反応が起った結果としてできるものです。

こういった水虫の初期症状であるかゆみをとおり越してしまうと、かゆみは最初に比較して軽くなります。しかし、適切な治療をほどこし水虫を完治してしまったのでなければ、患部にしっかりと水虫菌が居ついてしまったことになります。こうなってしまうと、水虫は治りにくくなってしまいます。

水虫に限った話ではありませんが、水虫もかゆみがあるうち、すなわち免疫機能が強く働いているうちに、きちんとした治療を行った方が、早く完治するということになります。

水虫の症状に気付いたら、家族や他人に水虫をうつさないためにも、恥ずかしがらずに皮膚科を受診するなど、適切な治療を速やかに行うことが大切です。

水虫は症状が治まったとしても、そのあと薬を一ヶ月ほど続けないと完治しないケースが多くあります。水虫に打ち勝つためには、⇒⇒なるべく多めに薬を用意しましょう!


edit