たかが水虫とはいえないことも

水虫はなかなか治らないというイメージがありますが、根気よく、また、正しい治療を行うと必ず改善されます。がんばって水虫の治療を行いましょう!

水虫になってしまいかゆみがでるのは、人間が持つ免疫力によるものです。

ilm09_ba01062-s.gif

水虫菌が皮膚に感染して発病すると、人間の体は水虫を体内から追い出そうとして、かゆみや皮膚の炎症などの反応を起こします。特にこのような体の反応が起きやすいのは、水虫の初期です。

何年もの間、水虫の治療を行わずに放っておくと、水虫菌が住む場所も広がってしまいます。どのような病気でもそうですが、この初期のうちに正しい治療を行うと、早く完治することが可能です。

水虫を患っていても、たかが水虫と思っていらっしゃる方もたくさんいらっしゃるでしょう。しかし、もちろん極々稀なケースですが、水虫から死亡まで至ったというケースもあるのです。水虫菌がリンパ腺から内臓にまで進入したり、脳にまで及んでしまうこともあります。

本当にまれなケースであるとはいえ、たかが水虫だとは一概にいえないということです。特別、水虫菌に対して弱い体質の場合に考えられることなのですが、自分が水虫菌に対して強いのか弱いのかなど知るすべがありませんので、分かっている方はいないでしょう。

水虫が疑われるような症状がでたら、初期のうちに信頼できる皮膚科を受診することは本当に大切なことなのです。

水虫は初期のうちに治してしまうことが大切ですし、市販の水虫治療薬では、治るとしても期間によっては大きな出費になります。

水虫は症状が治まったとしても、そのあと薬を一ヶ月ほど続けないと完治しないケースが多くあります。水虫に打ち勝つためには、⇒⇒なるべく多めに薬を用意しましょう!


edit