水虫の知識記事一覧

水虫は、人間からやペットなどからも感染してしまう、白癬菌というカビが原因の皮膚病です。水虫を治らないものと考えていらっしゃる方もたくさんいらっしゃるようですが、根気よく治療をほどこせば必ず治る病気です。
  • こんなに多い水虫人口
    水虫の人口っていったいどのくらいなのでしょう?日本人では、なんと4人に1人の割合で水虫を患っていらっしゃる方がいるのだそうです。きっとみなさんの想像以上なのではないでしょうか。さらに8人に1人の割合で...
  • 水虫は感染場所で呼び名がちがう
    水虫とはカビの一種である水虫菌(白癬菌)が、人間の皮膚に巣くってしまう感染症です。 水虫菌は、人間のケラチンと呼ばれるたんぱく質を栄養源にしています。ですので、水虫と聞けばまず思い浮かぶのは足ですが、...
  • なぜに水虫なのか
    水虫は白癬菌という真菌(カビ)が原因になる感染症で、白癬というのが正式な呼び名です。白癬は足にできれば足白癬、手にできれば手白癬、爪にできれば爪白癬というように感染してしまった場所で呼び名がちがいます...
  • 水虫は足の形も影響する?
    足の水虫は、足の形にも影響を受けます。水虫菌は80%以上の多湿を好みますので、このことが足の形での水虫の影響に関係することになります。 人間は歩くという行動を行います。そうすると自然と足の指と指の間隔...
  • 水虫の潜伏期間
    水虫が潜伏する期間は、長い期間です。水虫は白癬菌(はくせんきん)と呼ばれるカビの一種(真菌)が人間の皮膚に感染してしまうものです。そう聞くと、数週間のうちに皮膚に炎症やかゆみの症状がでてきそうな感じを...
  • かゆくない水虫?
    水虫=かゆい病気(皮膚病)というイメージがあると思いますが、実はあまりかゆみが伴わない水虫もあります。 水虫になってしまってかゆみが生じるのは、人間の免疫機能によるものです。人間は体内にウイルスや菌な...
  • 足がかゆくても水虫とは限らない
    足にかゆみやかぶれが生じても、水虫だと早合点しないようにしましょう。他の皮膚病であるということも充分に考えられることです。 自分で水虫だと診断して市販の水虫治療薬を購入して使用しても、よくならないばか...
  • たかが水虫とはいえないことも
    水虫になってしまいかゆみがでるのは、人間が持つ免疫力によるものです。 水虫菌が皮膚に感染して発病すると、人間の体は水虫を体内から追い出そうとして、かゆみや皮膚の炎症などの反応を起こします。特にこのよう...
  • 水虫はペットからもうつされる可能性がある
    家で飼っているペットなどから、水虫が人間にうつってしまうことがあります。 ペットに住みついている水虫菌は、動物好性菌と呼ばれペットの毛を生きる糧としているそうです。人間の水虫の場合には水虫は足に感染す...

edit